未分類

ライブ中に大声で歌うのはあり?なし?あなたの許容範囲は?

ライブ中に大声で歌うのはあり?なし?あなたの許容範囲は?あるアーティストがライブの最中に「大声で歌うのをやめてほしい!」とファンに苦言を呈したそうです。それに対して、「その通りだ」という意見と「歌ってもかまわないでしょ」という意見が交差していました。私はライブに行ったことが数回しかありませんが、この話題は気になります。ネット上で多い意見は、「できれば歌ってほしくない」です。アーティストの歌を聴きに来ているのに、聴衆の歌声が気になって集中できない。バラードの時は静かにしてほしい。歌うのはともかくおしゃべりは迷惑だ。歌うなら小声にしてほしい。こんな本音が多くありました。もちろん、大騒ぎしてよい場面もあります。例えば、アーティストがあおってファンに歌わせる場面。ノリノリの曲で皆が飛んだり跳ねたりしている時は、むしろ静かに座っている方が目立ってしまう気がします。いくつかのライブに行って感じたことは、アーティストや場面によってライブの雰囲気が変わることです。皆が座って静かに聞いているライブもあれば、終始立ちっぱなしというノリノリのライブもあります。アーティストから座るように言ってくれたり、盛り上げるようにあおったりと緩急をつけることもあります。その雰囲気を感じることが大切ではないでしょうか。よく、大盛り上がりのライブで一体感が生まれると言いますが、これは静かなバラードをじっくり聞く時も同じで、皆が聞き入ることで一体感が生まれるのです。ライブの醍醐味はアーティストの生声と生演奏が聴けることと、会場の一体感です。アーティストを中心に会場が一つになろうとしている様を肌で感じて合わせていきたいですね。